被せ物、詰め物の種類は
どうやって選ぶべきか

審美性を高めた治療が
増えている

審美性を高めた治療が増えている

虫歯などで歯を削った後、虫歯を取り除いたところがそのままにならないように詰め物や被せ物で削った部分を補います。以前は詰め物や被せ物に銀歯を使うのが一般的でしたが、口を開けた時に目立つため敬遠されがちでした。

しかし、近年は見た目をより意識した審美歯科が注目されるようになり、天然の歯に近い美しさを再現できる素材のセラミックを使った治療などが好まれるようになっています。

治療方法や使用できる素材が増えたことによって選択肢が増え、患者様ご自身で最適なものを選びやすくなりましたが、逆にどれを選べば良いか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、被せ物や詰め物にはどのような素材があるのかと、選び方についても詳しく解説します。

審美歯科について

まず知っておきたい
保険診療と自費診療の違い

使用する素材の選び方を説明する前に、まず保険診療と自費診療の違いについて知っておく必要があります。

みなさんご存知の通り、治療方法や使用する素材の違いによって治療にかかる費用が大きく変わってきます。これは「保険診療」と「自費診療」のどちらかによって違いが生じます。

保険診療

保険診療

保険診療とは、国が定めた素材や治療方法を用いる歯科診療のことです。メリットとしては、健康保険が適用されるので全国定額で3割負担で済むという点です。

しかし、基本的な機能の回復を目的としているため選択肢が限られ、最適な治療を受けられない場合があるというデメリットがあります。詰め物・被せ物には、銀歯やレジンと呼ばれる歯科用プラスチックが用いられます。

自費診療

自費診療

自費診療とは、健康保険が適用されない歯科診療のことです。様々な治療方法や素材の中から最適な治療をオーダーメイドで受けることができます。審美面や機能面、耐久性においては自費診療の方が優れていると言えます。しかし、全額自己負担なので保険診療に比べて治療費が高額になります。

詰め物・被せ物にはセラミック素材など、審美面と機能面、耐久性を考えたものが多く用意されています。

セラミック治療では、天然の歯特有の透明感のある白さが再現された見た目になっているため、高い審美性を求める患者様に人気の治療となっています。

セラミック治療について

詰め物・被せ物の種類

詰め物や被せ物にはどのような素材があるのかを一部ご紹介します。

保険診療

銀歯(金銀パラジウム合金) 安価だが目立つ、虫歯が再発しやすい
コンポジットレジン 白いため目立ちにくいが黄ばみやすい、劣化が早い

自費診療

ゴールド やわらかく耐久性No.1の素材のため奥歯に最適だが目立つので前歯には不向き。
フルオーダーセラミック 透明感のある素材で天然歯と遜色ない見た目で非常に美しい。
極度の衝撃で割れることがある。
ジルコニアセラミック フルオーダーセラミックより透明感に少し劣るが白く綺麗で変色しない。
フルオーダーセラミックより高い強度を誇る。
ミドルグレードセラミック 強度は高いが、内側に金属を使用しているため金属アレルギーが出る可能性がある
長期間の使用により黒ずんでくる。

取り扱いしている素材は歯医者によって異なります。当院での治療をご検討の方は、使用する素材の種類やそれぞれの特徴をきちんと専任のトリートメントコーディネーターが説明したうえで患者様にお選びいただけます。

自分に合った
詰め物や被せ物の選び方

自分に合った詰め物や被せ物の選び方

詰め物や被せ物の素材を選ぶとき、どのような基準で選べば良いのでしょうか?
選ぶときに注目して欲しい点は以下の4つです。

  1. 見た目 歯をきれいに見せたいという方はセラミックやジルコニアなどの詰め物や被せ物を選ぶことをおすすめします。天然歯と比べても遜色のない美しい見た目の歯を手に入れることができます。
  2. 耐久性 詰め物や被せ物を長持ちさせたいという方は、強度や耐久性が優れたものを選びましょう。強度が強く長持ちする素材としてはゴールドやジルコニアセラミックなどが挙げられます。
    ゴールドは天然歯と比較すると色が目立ち、ジルコニアセラミックは普通のセラミックと比較すると少し透明度に欠けるというデメリットがありますが、強度と耐久性は他の素材よりも優れているので、咬む力が強く口を開けても目立たない奥歯の詰め物や被せ物に最適です。
  3. アレルギーの有無 金属アレルギーがある方は、金属素材のものを選ぶとアレルギー反応を起こすリスクがあるので選ばない方が良いです。
    また、突然アレルギーが発症する場合もあるので、不安な方は金属の素材を避けた方が良いかもしれません。
  4. 予算 とにかく安く治療したいという方は保険診療で使われる銀歯(金銀パラジウム合金)やレジンを選ぶと良いでしょう。しかし、安価なものだと自費診療の詰め物・被せ物と比較して見た目や耐久性などが劣ります。
    また、銀歯は隙間ができやすく経年劣化が早いので機能面でも劣るところがあります。

詰め物や被せ物に使用される素材にはそれぞれ長所・短所があります。審美性を高めたいのか、自己負担が少ないものが良いのか、耐久性があるものが良いのかなど、どれを重要視するかで選ぶ素材が変わってきます。

詰め物や被せ物は一度治療すると長く使い続けるものなので、これらをしっかり比較して総合的に判断していただけたらと思います。患者様の歯の状態によっては使用できない素材があるかもしれないので、治療を受ける前に歯医者で相談や検査をしていただくことが望ましいです。

当院では、患者様一人一人に寄り添ったオーダーメイド治療を心掛けています。どのような治療の選択肢があり、どんな違いがあるのかを専任のトリートメントコーディネーターがしっかり説明したうえで選んでいただきますのでご安心ください。

記事の監修

この記事の監修 浜島均
あいおい歯科グループ
新宿駅前歯医者・矯正歯科
理事長

浜島 均

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 にて研修
同大学 顎顔面外科学講座 口腔先天異常学研究室 所属
一般歯科医院を経て
2019年 あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科 開院

関連ページ

本ページに関連する内容が別ページにもあります。興味があればぜひご覧ください。

審美歯科について セラミック治療について ラミネートベニアをお勧めする方と注意点
あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

新宿駅から徒歩1分

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目4−2 141ビル 7F

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし