小児矯正

小児矯正とは?

小児矯正とは?

小児矯正とは、乳歯が永久歯に生え変わる時期の6歳から12歳までの間に行う子どもの矯正治療のことです。

一般的に行われる成人矯正とは違い、成長期に矯正治療を行うことで、顎のバランスが整えやすく将来的に歯がきれいに並ぶ土台を作ることができます。

小児矯正の方法

小児矯正はどのように行うのかを説明します。
小児矯正はまず乳歯のみ、もしくは乳歯と永久歯が混在している6~12歳の間に「一期矯正」を行い、次に永久歯の生え揃った12歳以降に「二期矯正」を行います。

  1. 一期矯正(骨格矯正) 一期矯正では専用の装置を使って顎の骨を広げ、将来正しい歯並びや嚙み合わせにするための土台作りを行います。
    この時期は上下の顎の骨が成長する時期で、顎の骨の成長を正しく促すことで将来生えてくる永久歯を正しい位置から生えるようにします。
    これを行う理由は、顎が小さいと全ての歯が並ぶためのスペースが確保できず、スペースを確保するために抜歯しなくてはならなくなるからです。
    土台作りがしっかりしていれば、正しい歯の生え方を誘導でき、二期矯正において抜歯するリスクを下げることができます。
  2. 二期矯正(歯列矯正) 二期矯正では成人矯正と同じく歯並びや噛み合わせ、見た目の美しさなどバランスの取れた歯列に整えます。
    二期矯正を行う12歳くらいになると永久歯が生え揃い、顎の骨の発達もピークを越えているため、歯並びの乱れを細かく整えるのに適しています。
    一期矯正によって永久歯がきれいに生え揃う土台が作られるので、二期矯正が行われない場合もあります。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

矯正歯科において、小児のうちに治療を行った方が良いと考える歯科医師は多いです。その理由は、小児矯正には様々なメリットがあるためです。どのようなメリットがあるのかを解説します。

  1. 永久歯を抜歯しない可能性が
    高くなる
    顎が小さく永久歯が生えるスペースが足りない場合は抜歯をしてスペースを確保しなければなりませんが、一期矯正で正しい歯の生え方を誘導できれば、将来永久歯を抜歯せずに歯列矯正を行うことができる可能性が高くなります。
  2. 顎の成長バランスを整えられる 成長期の段階で骨格矯正を行うことで、発育を妨げるような癖や歯並びを改善し、顎の成長をコントロールすることができます。
  3. 永久歯での矯正期間を短縮できる 顎の成長バランスを整えたり、永久歯を正しい位置に生えるように誘導することにより、永久歯が生え揃ってから歯列矯正の期間を短縮できたり、歯列矯正をする必要が無くなったりします。
  4. 顔のバランスが整えられる 子どもの時期に顎は成長しますが、嚙み合わせが悪いまま放置すると顎の成長バランスが悪くなり、顔のバランスが崩れる原因になります。しかし、小児矯正を行うことで顎の骨の成長を正しく促し、顔のバランスが整えられます。

このように小児矯正には様々なメリットがあります。

もちろんデメリットもあり、装置によっては目立ってしまい、お子様に精神的な負担を与えてしまう場合や、歯磨きがしにくくなり虫歯になるリスクも高くなる場合があります。

そのため小児治療を行う場合はお子様の協力が必要になります。お子様本人の同意を得てから始めた方が良いでしょう。

矯正が必要になる
子どもの歯並びとは?

矯正が必要になる子どもの歯並びとは?

自分のお子様の歯並びを見て矯正が必要か悩まれる保護者の方はいるかと思います。そこで、小児矯正が必要なケースを紹介します。

開咬(オープンバイト)

奥歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わず開いてしまう状態です。食べ物を上手く嚙み切れないことがあります。

下顎前突

下の歯列が上の歯列より前に出ている状態です。横顔を見た時に下顎が前に出ています。

出っ歯

上の前歯が突出している状態です。食べ物が噛みづらい場合があります。

叢生

歯が重なってデコボコに生えている状態です。歯が歯列から外れて生える八重歯も叢生の一種です。

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯にかなり深く嚙み合っている状態です。上手く噛めず食事に時間がかかってしまいます。

小児矯正を検討されている保護者の方はご相談ください

お子様の将来を考えた時、歯並びはとても大切です。お子様の歯並びが気になっているのにそれを放置していると成長してしまい、顎の骨の成長を利用した骨格矯正ができなくなってしまいます。矯正は適切な時期に適切な対応をとっていくことが大事なのです。

しかし、小さなお子様に矯正治療を受けさせることに抵抗がある保護者の方もいらっしゃると思います。

ですから「自分の子の歯並びは正常か」「自分の子は矯正した方が良いのか」など、少しでもお子様の矯正についてのお悩みや疑問がありましたら、どんな些細なことでも構いませんので当院にご相談ください。

専任のトリートメントコーディネーターや担当の矯正歯科医師が寄り添ってお話しを伺います。

記事の監修

この記事の監修 浜島均
あいおい歯科グループ
新宿駅前歯医者・矯正歯科
理事長

浜島 均

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 にて研修
同大学 顎顔面外科学講座 口腔先天異常学研究室 所属
一般歯科医院を経て
2019年 あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科 開院

関連ページ

本ページに関連する内容が別ページにもあります。興味があればぜひご覧ください。

矯正歯科 ワイヤー矯正の仕組みと種類 マウスピース矯正といえばインビザライン 部分矯正で気になる前歯を改善 安心して通うための矯正歯科の選び方
あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

新宿駅から徒歩1分

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目4−2 141ビル 7F

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし