ワイヤー矯正の仕組みと種類

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは、ブラケットと呼ばれる器具を歯に装着し、そこにワイヤーを通して、動かしたい方向に向かって歯に適切な力を加え、徐々に歯を移動させることで歯並びを良くするという矯正治療法です。

ワイヤー矯正には装着方法の違いがあり、矯正装置も何種類か存在するので詳しく解説していきます。

ワイヤー矯正の仕組み

はじめに、ワイヤー矯正によって歯が動く仕組みについて説明します。

歯の周りには、歯を支えるための骨(歯槽骨)があります。歯と歯槽骨の間には歯根膜というクッションのような役割を持つ薄い膜があります。ワイヤーによって一定方向に力が加わると歯が動く方向にある歯根膜は縮み、元の厚さに戻ろうとして骨を溶かす細胞に作用して、動く方向にある骨を溶かします(吸収)。

一方で反対側の歯根膜は引っ張られて伸び、伸びた歯根膜は元の厚さに戻ろうとして骨を作る細胞に作用して、反対側にできた隙間に骨を新しく作ります(再生)。

このように吸収と再生を繰り返し、少しずつ歯が移動していくのがワイヤー矯正の仕組みです。ちなみに、マウスピース矯正も同じ原理を利用しています。

ワイヤー矯正の
メリット、デメリット

ワイヤー矯正のメリット、デメリット

矯正治療にはワイヤー矯正の他にマウスピース矯正というものがあり、どちらが良いか迷われる方もいるでしょう。そこでワイヤー矯正のメリットとデメリットを紹介します。選ぶときの参考にしてください。

メリット

  • 適応範囲が広く、様々な歯並びの人に対応できる

デメリット

  • 装置が目立つ
  • 食事がしにくい
  • 歯が磨きにくい
  • 治療中痛みが伴う場合がある

さまざまな歯並びに対応でき、一般的な矯正方法であるため安心感を抱く方が多いワイヤー矯正ですが、装着が目立ってしまう、食事がしにくい、歯が磨きにくいなどの日常生活で感じるデメリットが多くあります。

当院ではワイヤー矯正の他にマウスピース矯正(インビザライン)も行ってます。インビザラインは、取り外して食事ができたり、装置が目立たないという特徴があります。ぜひこちらの矯正治療法もご検討ください。

マウスピース矯正(インビザライン)

ワイヤー矯正の種類

ワイヤー矯正にもいくつか種類があります。それぞれの特徴と治療方法を説明します。

唇側矯正(表側矯正)

唇側矯正(表側矯正)

唇側矯正は一般的に表側矯正と呼ばれ、歯の表面にブラケットとワイヤーを装着する矯正方法です。

一般的な方法のため安心感を抱きやすいですが、装置が目立つという特徴もあります。

舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正は一般的に裏側矯正と呼ばれ、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する矯正方法です。

歯の裏側に矯正装置を装着するため目立ちにくいのが特徴ですが、唇側矯正よりも違和感を感じる点や発音がしにくいというデメリットがあります。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正は、上側を舌側矯正で、下側を唇側矯正で行う矯正方法です。

目立ちやすい上側の歯の裏側に矯正装置を装着しているので上下全てを唇側矯正にするよりも口を開けた時に装置が目立ちにくく、上下とも舌側矯正にするよりも費用が抑えられるというメリットがあります。

矯正装置の種類

矯正装置(ブラケットやワイヤー)について紹介します。

メタルブラケット

最も一般的で最も安く、金属のため丈夫で壊れにくいブラケットです。しかし目立ちやすいというデメリットがあります(当院では奥歯の一部のみにメタルブラケットを使用しており、前歯には使用していません)

セラミックブラケット

セラミックは歯の詰め物などにも使われる素材で天然歯と変わらない材質のため見た目が良く、着色や変色もなく丈夫です。

ホワイトワイヤー

ブラケットに通すワイヤーを白い金属でコーティングしたワイヤーです。
セラミックブラケットと併用することでより目立ちにくくなります。

ワイヤー矯正は
調整&メンテナンスが必要

ワイヤー矯正は定期的にワイヤーの調整やメンテナンスが必要です。
ワイヤー矯正では、月に1度来院していただき、ワイヤーを交換したり、調節したりします。歯の動きに合わせてワイヤーを軟らかくて細いものから少しずつ太くて硬いものに変えていき、歯を少しずつ理想の位置に近づけていきます。

また、矯正治療中はブラケットやワイヤーが邪魔で歯磨きがしにくいため、1ヶ月に1度来院していただき、プラーク(歯垢)や歯石を落として虫歯や歯周病予防をします。ワイヤー矯正にはこういった調整やメンテナンスが欠かせませんので必ずご来院ください。

ワイヤー矯正は
当院にお任せください

ワイヤー矯正の方法や種類について解説しました。当院では専任のトリートメントコーディネーターや歯科衛生士、矯正歯科医師が事前に歯並びのお悩みをヒアリングし、患者様のご希望のワイヤー矯正の種類をお聞きしてご希望に沿った治療を行っています。(もちろんマウスピース矯正がご希望でも構いません)

患者様一人一人に合ったオーダーメイドでの矯正治療を行いますのでぜひ当院にお越しください。

矯正歯科

記事の監修

この記事の監修 浜島均
あいおい歯科グループ
新宿駅前歯医者・矯正歯科
理事長

浜島 均

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
愛知県済生会病院 歯科口腔外科 にて研修
同大学 顎顔面外科学講座 口腔先天異常学研究室 所属
一般歯科医院を経て
2019年 あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科 開院

関連ページ

本ページに関連する内容が別ページにもあります。興味があればぜひご覧ください。

矯正歯科 マウスピース矯正といえばインビザライン 小児矯正 部分矯正で気になる前歯を改善 安心して通うための矯正歯科の選び方
あいおい歯科グループ 新宿駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

新宿駅から徒歩1分

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目4−2 141ビル 7F

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし